ビースマイル 効果 使い方

この記事ではホワイトニングジェルのビースマイルトゥースホワイトニングの使い方について解説していますが、2018年2月に新しくホワイトニングキットが発売されました!

 

ホワイトニングキットの方がホワイトニング効果が高くオススメです!
詳しくは「トゥースホワイトニングとホワイトニングキットの違い」にまとめています。

 

 

 

歯の黄ばみは均一ではない

どうせビースマイルを使うならより白く、よりキレイな歯にしたいですよね。
このページでは私が試して効果が大きかったビースマイルの使い方を紹介します!!!

 

自分の歯を鏡でじっくりと見てみると分かりますが、歯の黄ばみは均一ではありません。

 

歯の付け根や歯と歯の間が歯ブラシが通りづらい箇所なので、しっかりと磨けずに黄ばみやすいです。
特に歯の付け根に関しては、磨きづらいだけではなく、歯垢がたまりやすい場所でもあり、
私は何度も歯医者さんに「そこは意識してしっかりと磨くように」と注意されました。

 

このような歯ブラシが通りづらい箇所には、ワンタフトブラシがオススメです!
ワンタフトブラシはさきっぽが細くなっているため、歯ブラシが通りづらい箇所でもしっかりと磨くことが出来ます!

 

 

鏡を見ながら、黄ばみの気になる部分にワンタフトブラシを優しく丁寧に当ててあげれば、黄ばみが落ちるのも早くなりますよ!!!

 

すぐに洗い流さない

 

 

ワンタフトブラシを使った時のコツとしては、「すぐに洗い流さないこと」です。
すぐに洗い流すと、せっかくの有効成分が歯にしっかりとつく前に、水と一緒に流れてしまいます。

 

それではもったいないので、私はワンタフトブラシを使った後に1〜2分は洗い流さないようにしています。
たったこれだけの事でも、結構な効果があるので、試してみて下さい♪

 

歯ミガキは一度に2回!

 

 

これは休日などの時間がある時だけで構わないのですが、歯ミガキは一度に2回やると効果的です。
1度目はビースマイルを付けずに、その日についた歯垢を落とすことを意識して歯を磨きます。
2度目はビースマイルを付けて、歯に有効成分をつけていく感じで磨いていきます。

 

こうすることで、歯垢がついていない歯に直接、有効成分を届けることができるため、よりホワイトニング効果が高いと思います!

 

まだ持っていない人はまずはビースマイルの口コミをチェックしてみてくださいね。
口コミをチェックすると、あなたに合うか合わないかが分かってきますよ!!!