ビースマイル 成分

ビースマイルの成分は!?安全性を調査!

薬用ホワイトニングのビースマイル!
こちらの動画を見ても分かるように、凄い洗浄作用があります。

 

 

これだけ凄いと、確かにホワイトニング効果はありそうですが、「成分に何を使っているのか?」が気になりますよね。

 

「使うことによって副作用はない?」
「研磨剤は入っていないの?」

 

これらのことを調査してみましたので、紹介しますね♪

 

ビースマイルには、ホワイトニング歯磨き粉のトゥースホワイトニングと、マウスピースを使うホワイトニングキットがあります。
この記事では両方のビースマイルについて調査してみました!

 

トゥースホワイトニングの成分

 

 

まずはトゥースホワイトニングについて!
トゥースホワイトニングはいわゆるホワイトニング歯磨き粉です。
いつも使っている歯磨き粉をトゥースホワイトニングに変えるだけで、歯を白くすることができるというヤツですね!
(↑の動画で紹介したのもトゥースホワイトニングです)

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時に気をつけなければならないのが「研磨剤」
研磨剤とは、歯を削るくらい洗浄力が強い成分で、研磨剤が入っている歯磨き粉で歯を磨くと、歯が削れてしまう危険性もあります。

 

トゥースホワイトニングは研磨剤が入っていません。
じゃあどの成分で歯の汚れ(ステイン)を落とすのでしょうか?
その答えは「ポリアスパラギン酸Na」と「リンゴ酸」です!

 

 

ポリアスパラギン酸Naは、ステインに付着する作用があり、ホワイトニングするためには必須の成分です。
今、販売されているホワイトニング歯磨き粉には、ほとんど入っている成分です。

 

 

リンゴ酸は、汚れをとった歯をコーティングし、着色しずらくする作用があります。
トゥースホワイトニングを使ってみると分かるのですが、りんごの甘酸っぱい味がします。

 

トゥースホワイトニングは「ポリアスパラギン酸Na」と「リンゴ酸」の2つの成分でホワイトニングしているため、副作用の心配もなく、安心して使用することが出来ます!

 

続いてホワイトニングキットについて見てみましょう!

 

ホワイトニングキットの成分

 

 

ホワイトニングキットに使われている主な成分は「酸化チタン」「メタリン酸ナトリウム」「ハイドロキシアパタイト」です。
特に注目なのが、「酸化チタン」「ハイドロキシアパタイト」です。

 

「酸化チタン」は青色LEDを当てることで、ステイン汚れを分解して落とす作用があります。
汚れを落としたあとは、歯を傷つけるどころか、逆に歯をコーティングまでして黄ばみにくくするので、安心して使用することが出来ます(*^^*)

 

 

「ハイドロキシアパタイト」は歯の傷を修復する作用があります。
歯の表面には目に見えないミクロの傷がたくさんあるのですが、その傷にステインが入り、汚れが落ちにくくなっていることがあります。
ハイドロキシアパタイトで傷を修復することで、ステインが入らなくなり、見た目もキレイになります。
(専門用語では再石灰化(さいせっかいか)と言うそうです)

 

 

ホワイトニングキットも、歯を傷つけたり、副作用がありそうな成分は使われていないようです!
そもそも、「使って副作用が出た!」という口コミもないので、問題はないかと…^_^;

 

まとめ

トゥースホワイトニング、ホワイトニングキットとも、危険な成分も使われていませんし、いたって安全です。
私も実際に使ってみて、痛かったとか、歯医者さんから使用を止められたとかもありません。

 

口コミを見ても、副作用があったというような情報はありませんでした!